×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

保育し

保育の資格をとるならシカトルで

保育しとは?

保育しとは、昔は「保母さん」「保父さん」と言われていたお仕事で、子供たちの保育をするお仕事です。

子供に対して、基本的な生活習慣を身につけさせ、遊びを通して、心と体の発達をサポートします。

保育し資格とは?

平成15年11月の「児童福祉法」改正によって、保育しとは、「専門知識及び技術をもつて、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行う」者とされました。

つまり、子供たちの保育と、保護者への保育のアドバイスをするのが、保育しのお仕事ということですね。

保育し資格を得るためには?

保育し資格を得るためには、次のどちらかの資格要件を満たして、都道府県の保育士登録簿に登録を受けなければなりません。

(1)厚生労働大臣の指定する保育しを養成する学校その他の施設を卒業
(2)保育し試験に合格

平成15年11月の法改正により、保育士資格が国家資格になったのと同時に、保育の仕事をするためには、登録が必要になりました。

さらに、実際に保育しとして勤務するには、各保育所の採用試験にパスしなければなりません。

保育しは、年齢に関係なく続けられる、女性にとって特に有利な資格です。
保育し資格